自己破産は何度でもできるのか

pet05_l

自己破産とは、借金を返済する能力が無く、保有する財産も無いと裁判所で認めらると破産状態になります。

 

破産後に裁判所へ免責の申し立てをして、免責決定がでれば抱えていた債務がなくなります。

 

破産宣告を受けると、ブラックリストに名前が載ってしまうのでローンを組んだりお金を借りたりという事が出来なくなります。破産後真面目に働いて、安定した生活を手に入れることが出来た人も居ますが、中には生活が安定せずに困窮した毎日を送る人も少なくありません。
そんな時、魔が差して闇金融などでお金を借りてしまい、再び借金生活に戻ってしまう人も中にはいるでしょう。このような場合、借金が膨れ上がってどうしようも無くなったら、何度でも破産を申請する事は出来るのでしょうか?

 

答えは、申請するだけなら可能です。しかしそれには条件があり、一度破産をしたらその後7年間は破産による免責は原則的に出来ません。

 

では7年経ったら何度でも破産が出来るのか?と思いがちですが、裁判所も2回目からの破産には大変厳しい審査をしてくるのでそれに通るのは容易な事ではありません。
実質一生のうちで1度だけしか出来ないものと思ってよいでしょう。もし闇金融などで法外な返済額を迫られた場合は、出資金法に違反しているので、原則支払う義務は無いということを覚えておきましょう。