自己破産後、闇金融業者から連絡がきたのはなぜか

自己破産後に、闇金融業者と思しき会社から郵便物が届いたことはありませんか。なぜこのようなものが届いてしまったのでしょう。

 

これは、業者が官報をチェックしているからなのです。破産者は官報に氏名と住所が掲載されますが、それを逐一見たうえで、破産をしたという弱みにつけ込んで、貸し付けを行おうとします。よく、ブラックでも大丈夫などと謳っている業者は、大抵この手の闇金融業者です。こういった業者に対しては、毅然たる態度で臨んでください。間違ってもお金を借りたりしてはいけません。もし破産後にお金を借りたりすると、今度は免責が下りなくなることもあり、八方ふさがりの状態になってしまいます。

 

それとは別に、闇金の業者から借りていて返済することができなくなり、破産に陥ることもあります。このような場合、弁護士や司法書士から受任通知が行っているにもかかわらず、免責が下りるまでは執拗に取り立てが来ることもあります。このような取り立ては犯罪になりますので、どうしても向こうがやめない場合は、警察に通報するといいでしょう。通報する前に、電話の内容をメモするか録音しておく、あるいは、もし可能であれば、取り立てに来た時の映像を録画しておくと、捜査の際に証拠として役立ちます。

pet04_l